ジルコニアは「適応できる歯が多い」

ジルコニアは「適応できる歯が多い」

従来のセラミック歯には大きな欠点が1つあったのだった。そこは、金属に比べて脆く割れやすいことなのです。特に奥歯の治療や歯ぎしりくせがある患者様にはセラミック治療お勧めできないだった。それこそセラミックとは、食器などでよく使われている陶器のことで、歯科治療においてセラミックも同じ陶器で作られているのです。ジルコニアという単語は聞きましたことはない方も、「セラミック」という言葉は耳にやったことがあるのではないか?ジルコニアはセラミックの一種であり”ジルコニアセラミック”とも呼みやぶられいるが、従来のセラミックと大きく異なるのが耐久性です。ジルコニアは、ダイヤモンドにみようかな輝きだけでではなく、金属に匹敵するほどの強度を誇ります。ですから、ジルコニアは「適応出来る歯が多い」ことが従来のセラミックとの最大の違いです。

トップへ戻る